HOME>腹囲3D形状計測システム

腹囲3D形状計測システム

−3D Body Scanning System LS-330−

特定健診・特定保健指導のメタボリックシンドローム診断基準で重要な腹囲を高速で3次元計測

胸囲3D計測システムイメージ1 胸囲3D計測システムイメージ2

価格 \3,500,000

  • 光を照射して非接触で腹囲長はもとより断面形状、体積などを3次元で高精度に計測します。
  • 撮影が0.5秒と高速撮影のため、体の動揺の影響を受けにくいので高齢者の健診、とりわけ集団健診に最適です。
  • 個人の計測データを保存し、帳票出力・レポート出力を行います。
胸囲3D計測システムアプリケーション画面

■メタボリックシンドローム対策に:

  • 特定健診及び特定保健指導でメタボリックシンドロームの腹囲計測を的確にサポートします。
    腹囲形状、断面形状、腹囲体積なども表示。

■メジャーによる腹囲計測との比較は:

  • 手計測の不正確、測定者毎のバラツキ、再現性の低さから開放されます。
  • お腹に触れることなく健診できます。
  • 測定者への特別な訓練や指導が不要です。
  • 男女を区別する必要がありません。

■健康増進に:

  • 腹部および臀部の皮下脂肪や内臓脂肪の増加による体型の変化を可視化して提供します。
  • 健康増進や体重管理に対する強いきっかけと継続の力になります。

■レポート出力例

下記LINKより、サンプルをご覧になれます。
サンプル

■仕様

※ ハードウェア
計測手法: 空間コード化法
カメラ分解能: 640 ×480
計測範囲: 700×500×540(mm)
電源: AC100V、2.5Amax
 
サイズ: 本体 120×235×420(mm)
脚部 400×400×900(mm)
重量: 約16kg×2
PC: CoreUDuo Windows XP
プリンター: A4 カラー
キャリブレーションボード/調整治具
身長調整用踏み台
 
※ソフトウェア
計測機能: 腹囲形状3次元計測機能
表示機能: 腹囲断面形状表示

注:商品の改善・改良により、本仕様及び記載事項は変更する事があります。

Copyright (C) 2005 NLS and Idee Unique All Rights Reserved.